変形性股関節症

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 立ち上がる動作で足の付け根に痛みがある
  • 歩き出す時に股関節が痛い
  • 靴下を履いたり、足の指の爪が切りにくい
  • 家事などで長く立っていると足の付け根が痛くなってくる
  • 階段の上り下りは手すりがないとツライ


変形性股関節症は女性に多い疾患です。

症状が出ると、進行が早く、常に痛みが出たり悪化してしまうこともあります。

日常の家事全般に支障をきたすことも多いです。

症状を抑えられて、悪化を予防できるうちに、しっかり治療をしていきましょう!

変形性股関節症の症状は?

変形性股関節症の主な症状は、股関節の痛みと機能障害です。

症状の出始めの頃は立ち上がる動作や、歩き出しの際に股関節がある足の付け根に痛みを感じます。

変形性股関節症が進行してくると、その痛みが強くなったり、持続的に痛んだり、炎症が原因の夜間痛(夜就寝中にも痛みがある)が起こることもあります。

長時間歩いたり立っていたりすることがつらくなってきて、台所仕事などの家事全般に支障をきたすこともあります。

階段の上り下りにも手すりが必要になります。

日常生活では股関節を動かしづらくなることから、足の爪を切りにくくなったり、靴下を履いたり、正座をすることが難しくなります。

どんな人に多いの?

中高年の女性に多く発症します。

その原因は股関節の「臼蓋形成不全」という、子供の時の病気や発育障害の後遺症が主なもので、変形性股関節症全体の約80%ほどといわれています。

股関節には、臼蓋という受け皿のような部分があり、大腿骨の骨頭が臼蓋に納まるようにつくられています。この臼蓋の形状が小さすぎたり不完全なために、股関節に痛みを生じるのが「臼蓋形成不全」です。

自分が「臼蓋形成不全」であることを知らずに、中高年になって痛みがでることもあります。

明らかな原因となる病気に罹ったことが無くても、年齢とともに変形性股関節症を発症してくるケースもあります。

変形性股関節症に対する当院の治療は

さくらメディカル接骨院グループでは、まず手技治療(マッサージ)で股関節まわりの筋肉の緊張を緩めて、負担を軽減させたり、炎症を減らしていくようにします。

変形性股関節症の場合、筋肉の緊張が強いと、大腿骨の骨頭が臼蓋に押し付けられてしまいます。負担を減らしながら、進行を遅らせ、関節を大切に使っていくことが必要です。

手技治療とともに鍼灸治療を行なったり、超音波による温熱療法なども併用していくと効果的です。

股関節の動きが悪くなっている場合は、インパクト治療という、関節の動きを改善する治療法もおすすめです。

一方、痛みがあるとどうしても歩かなくなり筋肉が衰えてしまいますし、運動をすればその分関節に負担がかかってしまいます。当院のコアトレ(楽トレ)を使えば、関節に負担をかけずに筋肉をトレーニングでき、筋力の衰えも予防できるのでぜひお試しください。

変形性股関節症は痛みも長引きやすく、治すことが難しい疾患です。うまく痛みや症状をコントロールしながら、日常生活に支障が出ないように治療をしていきましょう。

変形性股関節症でお悩みの方は、さくらメディカルグループに一度ご相談ください!

トップへ戻る