肉離れ

こんなことでお悩みではありませんか?

  • スポーツなどで急に強い痛みが起こった
  • 痛みのある場所が晴れている
  • 内出血があったり、痛む場所が触ると凹んでいる
  • 痛みが出た瞬間、ブチッと切れるような音がした
  • 患部に力が入らない

肉離れは正式には「筋挫傷(きんざしょう)」といいます。

スポーツを行うなかで、急に無理な動作をした場合に発生する筋膜や筋繊維の損傷・断裂を表します。

筋肉が裂けたり破れたりすることを筋断裂といいますが、筋断裂のうち範囲が部分的なものを一般的に肉離れと呼びます。

しっかり治療をしないと肉離れを繰り返したり、慢性的な痛みが取れないこともあるので、そのまま放置せず、まずはご相談ください!

肉離れの症状は?

肉離れが起こると患部に激痛が走り、それ以上運動を続けられなくなります。

ときには筋肉が断裂した瞬間に「プチッ」という音が聞こえたり、断裂した衝撃を感じることもあります。

また、痛みのある部位が腫れたり、熱をもったり、力が入らなくなったり、筋肉に凹みや内出血による変色が生じてくることもあります。

肉離れは筋肉の状態によって起こりやすくなります。冬場や筋肉が冷えていると筋肉が収縮しやすくなります。
準備運動不足や、筋肉疲労の蓄積も筋肉が硬くなり、肉離れが起こりやすくなる要因です。

水分不足も、肉離れを起こす大きな要因です。
体内の水分が不足すると、水分不足になった筋肉は柔軟性を失い、硬くなり、肉離れを起こしやすくなります。

肉離れが起こりやすい場所は?

①ハムストリングス(太もも裏の筋肉)

②大腿四頭筋(太もも前面の筋肉)

③内転筋(内ももの筋肉)

④腓腹筋(ふくらはぎの筋肉)

によく起こります。

ふくらはぎや太ももの肉離れは、特にスポーツ中に起こりやすく、スポーツ中の急な動きで負担がかかり、筋肉の状態によって肉離れを起こします。

またスポーツによる肉離れは、下半身の筋肉に起こることが多いです。

 

さくらメディカルグループの肉離れ治療は

肉離れの回復を早めるためには正しい応急処置が重要です。「RICE処置」という方法を用います。RICE処置は、以下の4つの手順でおこないます。

  1. 安静(Rest):
    患部をなるべく動かさないよう、タオルや添え木などを当てて固定
  2. 冷却(Icing):
    患部を氷などで冷やして、炎症を減らして痛みを抑える
  3. 圧迫(Compression):
    患部にテープなどで圧迫を加えて、腫れや内出血を抑える
  4. 挙上(Elevation):
    患部を心臓より高い位置に挙げて、腫れを防ぐ

基本的な応急処置を行い、痛みの軽減や、筋肉の傷の回復を早めるために手技療法(マッサージ)を行なったり、超音波治療器などを併用していきます。

痛みの軽減のためには、ハイボルト治療や、鍼灸治療も効果的です。

症状の経過を見ながら、テーピングを行なったり、ストレッチ指導なども行います。

痛みを残さないよう、怪我を繰り返さないよう、治療していきます。

肉離れを起こしてしまったら、できるだけ早くさくらメディカル整骨院グループにご相談ください!

トップへ戻る