扁平足

偏平足

あなたのお悩みを解決します

  1. 足の裏が平らだと言われる
  2. 靴の内側が特にすり減りやすい
  3. たくさん歩くと、人よりも疲れやすいと感じる
  4. 長時間立っていると、膝、腰、背中が痛くなる

扁平足でお悩みの方へ

扁平足など、足のトラブルでお悩みではありませんか?

足のトラブルは全身に影響を及ぼし、カラダのゆがみやさまざまな不調を引き起こす原因になってしまいます。

扁平足は足裏に本来あるべきアーチ構造が崩れてしまっている状態です。

こうした足のトラブルは放置してしまう方も多いですが、悪化してしまうと歩行にも影響してしまいます。

扁平足について理解を深め、正しく対処することが大切です。

扁平足とは

足裏はアーチ状になっており、土踏まずが地面からの衝撃を吸収する役割を担っています。

しかし、扁平足では足裏のアーチ構造が崩れてしまい、土踏まずが潰れて平らになってしまっている状態です。

そのため、地面からの衝撃を受けやすくなり、足が疲れやすくなってしまいます。

幼少期の頃はアーチ構造のない扁平足ですが、成長過程でアーチ構造が形成されます。

しかし、生活習慣などが原因で形成されたアーチ構造が崩れてしまうことがあります。

扁平足の症状

扁平足によって足のアーチ構造が失われると、足裏には大きな負担がかかりやすくなります。

そうすると、足の筋肉や腱を痛めやすくなり、足底筋膜炎アキレス腱周囲炎など足のケガを発症しやすくなります。

また、地面からの衝撃を吸収できなくなってしまい、膝にかかる負担が大きくなることで半月板損傷などの膝のケガの発症リスクも高まります。

扁平足の原因

筋力の低下

足裏の筋力が低下してしまうと、アーチ構造を支えることが難しくなってしまいます。

誤った歩き方や運動不足などで正しく足が使えていない場合足に合わない靴を履いている場合と筋力が低下します。

加齢による腱の変性

加齢により腱などの組織が老化して変性してしまいます。

土踏まずを支える腱が変性すると扁平足を発症しやすくなります。

さくらメディカル整骨院グループの
「扁平足」に対する施術

さくらメディカル整骨院グループでは、扁平足に対してさまざまな施術法でアプローチを行います。

手技療法

外反母趾では足の筋肉が硬くなってしまっていることが多いです。

こうした場合、手技療法で筋肉をほぐして柔軟性を取り戻します。

また、扁平足で足の痛みを除去し、足のアーチを整えていきます。

超音波療法

外反母趾や扁平足が原因で炎症を起こしている場合、超音波療法の非温熱作用で炎症の抑制を行います。

炎症が抑制することで痛みの緩和が期待できます。

体幹強化

足の姿勢を支える体幹(インナーマッスル)の筋力が低下してしまうと、足にかかる負担が大きくなることで外反母趾や扁平足が生じてしまいます。

筋力を高めたいものの運動ができない方や運動が苦手だという場合には、EMS(楽トレ)をおすすめしています。

EMSは電気刺激で筋肉を動かし、寝たままの状態で筋力を高めることができます。

骨盤矯正

外反母趾や扁平足の方は、身体のゆがみから足にかかる負担が大きくなっていることが多いです。
そのため、骨盤矯正で根本原因となるゆがみを整えます。

「扁平足」に対する施術方針

扁平足によって炎症が起こっている場合には、超音波療法で炎症を抑制して痛みの緩和を目指します。

扁平足では足裏のアーチ構造が崩れてしまっているため、手技療法で足のアライメントを整えていきます。

インソールを利用することで足の矯正を行うこともあります。

根本の原因へのアプローチ

身体にゆがみがあると、足に過剰な負担がかかるため、扁平足が生じやすくなります。

そのため、骨盤矯正で身体のゆがみを整えていき、足にかかる負担を軽減します。

筋力が低下しても 扁平足は起こりやすくなるため、筋トレ指導EMSによるトレーニングも行っています。

扁平足を
発症した際の対処法

歩き方を見直す

誤った歩き方をしていると、足裏の筋力が低下して扁平足が生じます。

歩く際にはかかとから地面につけることを意識し、つま先で地面を蹴るように歩いてください。

足の筋力を鍛える

扁平足の場合、足裏の筋力が低下しています。

足の筋力を鍛えて扁平足の改善を目指しましょう。

足指に力を入れてグーパーを繰り返す運動を日常的に行うことをおすすめします。

インソール

インソールを使用することで、足にかかる負担を軽減することができます。

正しい歩き方も身につけやすくなり、根本からの改善が期待できます。

偏平足

扁平足にならないための予防法

日頃から正しい歩行を心がけましょう

扁平足は、日常の習慣が原因で生じることが多いです。

扁平足にならないためには日常の習慣の見直しを行いましょう。

自分の足にあった靴を選ぶ

自分の足に合わない靴は足に過剰な負担をかけてしまい、扁平足を引き起こしやすくなります。

サイズが小さすぎても大きすぎても負担がかかるため、しっかりと足に合うサイズを選ぶ必要があります。

また、足先のとがった靴ハイヒール足にかかる負担が大きいため、長時間履くことは避けるべきです。

足のストレッチをする

足指や足裏を動かしていないと、筋力が低下して扁平足の発症リスクが高まります。

手で外側や内側に向かって引っ張るなどしてストレッチするようにしましょう。

「偏平足」に似ている症状の病気

足に痛みが生じている場合、扁平足だけではなく他の病気が隠れている場合があります。

扁平足に類似する足の病気には、次のようなものが挙げられます。

足底筋膜炎

足裏にある筋膜が炎症を起こし、足裏に痛みが生じる病気です。
扁平足が原因で生じることも多く、歩き始めに痛みをともないます。

開帳足

親指と小指のつけ根までの足幅が広がり、指のつけ根のアーチ構造が崩れている状態です。

進行すると扁平足など足のトラブルを引き起こす原因になります。

「偏平足」に関する
よくある質問

扁平足は放っておいても改善しますか?
放置すれば悪化することがあるので、整骨院へご相談ください。
セルフチェックの方法はありますか?
立った状態で土踏まずに指を入れてみてください。指が入らない場合は扁平足の可能性が高いです。指が1本だけ入る場合も足裏のアーチ構造が崩れていると考えられます。
扁平足で足が疲れやすい場合、どうすればいいですか?
インソールを使用して足裏にかかる負担を軽減します。
インソールで改善されない場合、どうすればいいですか?
ご自身の足にあっていないインソールを使用している可能性があります。一度、整骨院へご相談ください。
扁平足は放置すればどうなりますか?
足裏にかかる負担が大きくなり、足底筋膜炎を引き起こす可能性があります。また、痛みで歩き方が崩れて全身に不調症状が現れることもあります。
足を鍛える運動方法を教えてください。
床にタオルを置き、足指でたぐり寄せる動きは足指を鍛えることができます。
Web予約
医療従事者も推薦
よくある質問
交通事故・むちうち施術が受けられます

このページは
私たちが作成しました

さくらメディカル株式会社
代表取締役 鈴木拓

さくらメディカル株式会社代表鈴木拓

開業以来、「すべてのお客様は、自分の家族である」という想いを大切に施術に当たっています。90歳を過ぎた家族が「明日、旅行行くから!」と、元気に笑って出かけて行く。そんな社会を実現したいと本気で考えています。

そのためにも、施術技術・接遇レベルの向上はもちろんのこと、カラダもココロも元気になれる院づくりを大切にしています。すべてのお客様の「健康と幸せ」に貢献していけることが私たちの存在価値です。

諦めてしまった方も、一人で悩まずに是非ご相談ください。

  • 柔道整復師(厚生労働省認可、国家資格)
  • 一般社団法人みらい 理事(外部サイト)
  • 「財団法人横浜市スポーツ振興事業団 横浜市体育協会」にて、指導員として、地域の方へ運動を通じた健康づくりに従事
  • 2005年、さくら鍼灸整骨院を神奈川県横浜市に開業
  • 現在は、神奈川県・東京都・千葉県・宮城県・愛知県に 40院以上の整骨院と神奈川県内に4店舗の児童デイサービス、高齢者リハビリデイサービスを展開

さくらメディカル株式会社
冨塚 善紀

資格取得

  • あん摩マッサージ指圧師:2004年7月12日
  • 鍼灸師:2004年7月12日
  • 柔道整復師:2007年3月27日

職歴

・ふたば鍼灸整骨院 2009年2月~2011年8月
・あゆみ鍼灸整骨院 2011年9月~2022年9月
・さくら鍼灸整骨院 2022年10月~

ページの上部へ戻る