胸郭出口症候群

胸郭出口症候群

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 腕や手に重苦しい痛み・しびれがある
  • 「なで肩」気味、肩こりがひどい
  • 下を向いて、手を使う作業が多い
  • 手が冷たくなることがある
  • つり革に掴まっていると肩や腕が辛くなる

「胸郭出口症候群」とは?

「胸郭出口症候群」(きょうかくでぐちしょうこうぐん)は、肩や腕に痛みやしびれが起こる病気です。

普通の肩こりとは違います。

肩こりは疲れやストレスからくるものが多いですが、胸郭出口症候群は体の一部の場所で、神経や血管が圧迫されることが原因です。

「胸郭出口症候群」の症状は?

主な症状は、肩から腕にかけての痛みやしびれ、そして手が冷たく感じることです。

体には神経や血管が走っています。

肩から腕にかけて、これらの神経や血管が圧迫されると、痛みやしびれ、手の冷たさが出てきます。

「胸郭出口症候群」の原因は?

「胸郭出口症候群」の原因はいくつかあります。

鎖骨や肩甲骨の位置が悪い

鎖骨の位置が悪くなること。鎖骨は肋骨の隙間から神経や血管が通る場所を作っています。

その隙間が狭くなると、神経や血管が圧迫されてしまいます。これを「なで肩」と呼びます。

また、肩甲骨の位置が悪い場合にも同じように問題が起こります。

肩甲骨が前に引っ張られることで、同じく神経や血管が圧迫され、腕の痛みが生じます。

 

猫背

頭部の位置が悪い「猫背」と呼ばれる姿勢も「胸郭出口症候群」の原因になります。

背中を丸めてしまうことが多い人は、首の筋肉の隙間で神経や血管が圧迫され、同じく腕の不快な症状が現れます。

 

肩のマッサージ

さくら鍼灸整骨院グループの「胸郭出口症候群」に対する施術は?

「胸郭出口症候群」を改善するには、まず原因を見つけることが大切です。

硬くなった筋肉をほぐすには、マッサージや鍼灸などの施術が役立ちます。

しかし、その前になぜ筋肉が硬くなったのか、鎖骨や肩甲骨の位置が悪くなったのかを理解する必要があります。

さくら鍼灸整骨院グループでは、ハイボルト治療器を使います。

ハイボルト治療器は、神経が圧迫されている場所を特定し、神経を鎮静させてくれる効果があります。

 

ハイボルテージ治療

「胸郭出口症候群」の原因がわかったら、それに合わせた施術を行います。

・筋肉の硬さをほぐす施術
・姿勢を改善する骨格矯正
・筋力を鍛えるトレーニング など

「胸郭出口症候群」は若い人にも注意が必要な病気です。女性にも多く見られます。

「胸郭出口症候群」は、早めに適切なケアを受けることが大切です。

「胸郭出口症候群」と思われる症状がある場合、お気軽にさくら鍼灸整骨院グループにご相談ください。

トップへ戻る